スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

永遠のゼロ


CAHCT0AA.jpg

超ベストセラーになった「永遠のゼロ」を読了しました。

文庫版のわりには長めの小説ですが一気読みでした。

この作品に関しては何を言っても嘘くさくなってしまうし
安っぽくなりそうなので直接的な感想は書かないでおきます。

戦争を知る世代がいなくなろうとしています。
見る、読む、聞く、調べる。
そういった手段でしか戦争を知ることが
できなくなっています。

そんななか、このような作品がこのかたちで今の時代に
存在していることが素晴らしいと思います。

口々に言う「平和」や「戦争反対」などという言葉が
いかにきれいごとか、どれだけ今の時代が恵まれているか。

突き刺さるように痛感させられる作品です。


スポンサーサイト

読書の秋

読書の秋というわりには最近全く本を読めていない。

読んでいるには読んでいるのですが
ペースがあがらない。

結局前回読了した伊坂先生のマリアビートルは
1ヶ月もかかったのかー。

今年はまだ50冊も読んでいない気がします。

これではいかんと思い、
mixiで注目されている文庫を調べて買い足しました。

重松清さんの「あの歌がきこえる」
道尾秀介さんの「ラットマン」

重松清さんは「流星ワゴン」で一気に虜になりました。
道尾さんはなんだかんだで初の作品かもしれません。

「ラットマン」がかなりオススメされていたので。
ミステリーは結構管轄外ですがたまにはいいでしょう。

どっちから読もうか悩みます。


CAQ2MLOF.jpg





読了

11月に突入です。
今年も残り2ヶ月。
まずは風邪などひかぬよう皆さん気をつけましょうね。

僕の大好きな作家さん、伊坂幸太郎先生の新刊

「マリアビートル」

を読了しました。

発売日に買ったのですがなかなか進まず、ようやくです。

読みづらかったのではなく、ただ読書の時間が
減ってしまったというだけで・・・
作品自体はすごく読みやすく、難しい場面は
一切なしで痛快な殺し屋の物語です。

モダンタイムス、SOSの猿に比べると
伊坂先生らしさは満載。

やっぱりこういう感じの作品がいいなー。

最近読書がしっかりできていないので近々
たくさん本屋で買い込もう。
CAWTDFFS.jpg

オー!ファーザー

伊坂先生のオー!ファーザーを読み終えました。

最近のあるキング、SOSの猿とは違って
第一期のような作風でした。
もともと新聞の連載だったようなので。

正直最近の作品に関しては抵抗を感じておりましたが
今回は終始飽きずに読み終えました。

陽気なギャング~を彷彿させるような。

軽快な言葉のやりとりと巧みな伏線、
時間の使い方のうまさ、全てが伊坂節でした。

今後の作風はまた少し癖のある
違った雰囲気にしていくようですね。
好きな作家さんなのでこれからも読んでいこうと思います。

Image232_Resize.jpg

週末

金曜日です。
今日のお店は混むでしょう!
すでに貸切が入っているので期待大。

今週は月曜以外はずっと遅出なので
今日は読書に溺れました。

あと少しで読み終わる「ひなた」を読了。
吉田修一さんです。
「女たちは二度遊ぶ」が好きです。

が、この「ひなた」も良かったです。

最近はやけにミステリーが流行っておりますね。
まあ否定はしませんが個人的にごちゃごちゃしたミステリーよりも
こういった平凡で単純で素朴なお話が好きです。

巧妙な構成で最後にどんでん返し!
もいいですが、こうサラっと読める物語がいいです。

買い溜め込んだ文庫もこれで一段落。
ということで少しはやめに出発して
伊坂幸太郎先生の新刊、「オーファーザー」
を買ってから出勤しようと思います。

CAXGP8WL.jpg

| ホーム | 次ページ
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。